お問い合せ
月の都・千年文化 再発見の里づくり

さらしなブログ

NHKラジオで謡曲「姨捨」が聴けます

2022.09.04 kanrisha


9月4日早朝のNHKラジオ「FM能楽堂」で、「姨捨」の独謡が放送されました。聞き逃し配信をしてるので、11日午前6時55分までだれでも聞けます。https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=4395_01

舞台とは違って言葉に集中できますが、難しい言い回しや、複雑、微妙な抑揚や調べがあるので、意味をつかむのはなかなか困難です。「姨捨」の詞が載っている謡本(うたいぼん)を見ながら聴くといいです。本はそんなに高くないです。

「姨捨」は能楽の大成者世阿弥が作ったもので、当地を「月の都」にした平安時代の和歌「わが心慰めかねつさらしなや姨捨山にてる月を見て」から発想したものです。番組の解説者は、この和歌が「姨捨」の「テーマソング」だと指摘していたのが面白かったです。

中秋(今年は9月10日)がもうすぐだということでの放送だと思います。長い曲なので、4日は前半だけ。後半は11日午前6時からです。(大谷善邦)