お問い合せ
月の都・千年文化 再発見の里づくり

写真コンテスト

小学生部門

   

月の都賞(最優秀賞) 1点

青空に現われる大きな龍
ひと言 青空に現われる大きな龍
氏名 角田虎河
審査評 形をどんどん変えていく雲の一瞬をとてもダイナミックにつかまえました

   

棚田賞(優秀賞) 3点

テキスト
ひと言 かぜの中 父とめぐった棚田だよ
氏名 原田海都
審査評 風が吹く中お父さんと歩いたと言葉を添えたことで風景が詩、ポエムになりました

テキスト
ひと言 自然いっぱい長楽寺
氏名 竹澤奏有
審査評 長楽寺境内にあるたくさんの色を一枚にしたのがいいです

テキスト
ひと言 雲のカーテンとさらしなの景色
氏名 田島喜晴
審査評 さらしなの里の空に広がる雲「雲のカーテン」と表現したのがすばらしいです


   

日本遺産賞(佳作) 6点

テキスト
ひと言 屋根より高い鯉のぼり
氏名 川﨑夏希
審査評 「こいのぼり」の歌にある「屋根より高いこいのぼり」を上手に写真に切り取りました

テキスト
ひと言 美しい棚田と美しい山と空
氏名 西澤花央
審査評 稲刈りが終わった棚田、千曲市の風景のすがすがしさがよく伝わってきます

テキスト
ひと言 暑いなあーつかれたなー
氏名 諸井那音
審査評 休憩で外した手袋を一緒に撮ることで、添えられたひと言の意味がよく分かりました

テキスト
ひと言 櫓はいつも皆を見る
氏名 柏原光
審査評 添えられたひと言が戦国時代の空気をよく語っています

テキスト
ひと言 おいしいお米になったかな~
氏名 山﨑果歩
審査評 秋の日をいっぱい浴びておいしくなっていく棚田米の様子がよくわかりました

テキスト
ひと言 ロボットのような顔を見つけたよ
氏名 宮入杏
審査評 蔵の壁がロボットに見えたことを人に伝えたくて仕方がなかった気持ちがよく伝わります





中学生部門

月の都賞(最優秀賞) 1点

テキスト
ひと言 とんぼも見つめる 私たちの故郷 さらしな
氏名 酒井乃々果
審査評 棚田にもたくさんの生き物がいることを想像させてくれます

棚田賞(優秀賞) 3点

テキスト
ひと言 普段あまり見ない夜の神社
氏名 柳澤柚良
審査評 武水別神社の神さまには八幡のまちがこんなふうに見えているんでしょうね

テキスト
ひと言 棚田の花
氏名 緑川春生
審査評 刈り取った後の棚田に咲く花の赤色、黄色、ピンク色が見事です

テキスト
ひと言 数年後には見られなくなる景色
氏名 近藤友紀
審査評 大好きな風景がなくなる寂しさが、添えられた言葉と一緒によく伝わってきます

日本遺産賞(佳作) 5点

テキスト
ひと言 四季島が姨捨駅に来た
氏名 髙地伸希
審査評 千曲市の夜景と四季島のアップを一枚に収めようとしたところがいいです

テキスト
ひと言 ここから見える特別な空間
氏名 湯井瑠璃愛
審査評 「特別な空間」と表現したことで、千曲市の夜景がふるさとの自慢になりましたね

テキスト
ひと言 サルスベリの花
氏名 久保花音
審査評 先祖のお墓と一緒にサルスベリの花を撮ったことで歴史を感じさせます


テキスト
ひと言 多くの文化人に愛されたさらしなの宝
氏名 安藤楓
審査評 「文化人が愛した宝」と表現しれくれたことで、棚田米は一層おいしく育つでしょう

テキスト
ひと言 水が冷たくて気持ちよかったです
氏名 保井然
審査評 滝の水が落ちる様子、繊細かつダイナミックにとらえ見ごたえがあります





高校生

月の都賞(最優秀賞) 1点

テキスト
ひと言 あおーい
氏名 関ひかり
審査評 この写真を見たお年寄りは腰が伸び、若い人たちも背筋を伸ばすでしょう

棚田賞(優秀賞) 1点

テキスト
ひと言 刈り入れ時の棚田
氏名 緑川幸彦
審査評 棚田の尾根筋に伸びる夕方の光がこんなに美しいとは知りませんでした




令和3年度長野県地域発元気づくり支援金事業