お問い合せ

活動内容

過去の活動報告はこちら

今後の活動予定

「美しさらしな」活用、絵本制作、そば祭り企画ものイメージ画像

「美しさらしな」活用、絵本制作、そば祭り企画も

 さらしなルネサンスの平成29年度の主要事業は3つです。1つは千曲市との協働事業で制作したさらしなの里ガイド冊子「美しさらしな」の活用。冊子を使って学習会やウオーキングなどを行う予定です。「美しさらしな」のタイトルは、「さらしな」という言葉には日本人の伝統的な美意識が詰め込まれ、その美意識を裏切らない美しい景観が千曲市にあるためです。市町村合併で消滅した「更級郡」の「さらしな」をもう一度世に送り出したい人たちの合い言葉でもあります。ガイド冊子はトップページのアイコンからダウンロードできます。

 2つ目は絵本「うつくしさらしな(仮題)」の制作研究。子ども成長して市外に出ても、再び戻ってくるか、戻らなくてもふるさとと関係を持ち続けたいと思えるような内容にしたいと思います。幼児、小学校低学年のときに「絵本を通じて千曲市には全国に誇れるさらしなの里があるということを知ってほしい」と、さらしなルネサンスでは考えました。どんな物語、どのような絵がいいか。今年度、取り組みます。 

 3つ目は、千曲市が中心になって行う第2回さらしなの里そば祭りでの企画協力です。さらしなそばの名前は千曲市の地名「さらしな」から誕生しました。そのことを市内外にもっと知ってもらい、千曲市の魅力を高めます。2016年の1回目のそば祭りはブログ「そば祭り開催、手打ちさらしな実演」をご覧ください。

過去の活動報告

さらしなの里ガイド冊子「美しさらしな」制作のイメージ画像

さらしなの里ガイド冊子「美しさらしな」制作

 さらしなの里の魅力の核心を文章と写真で紹介するガイド冊子「美しさらしな」を2016年3月、発行しました。千曲市との協働事業として1年をかけ制作してきたもので、A4版、32㌻、フルカラー。トップページのアイコンをクリック...

詳細を見る
「さらしなそば」講演会のイメージ画像

「さらしなそば」講演会

 2016年11月月5日に信州千曲市で行われた「さらしなの里のそば祭り」で、さらしなルネサンスは、江戸ソバリエ協会理事長でそば研究家のほしひかる先生による講演会を開催しました。さらしなそばの由来についてのお話もありました...

詳細を見る
特別企画「花の吉野・月のさらしな」のイメージ画像

特別企画「花の吉野・月のさらしな」

奈良県の吉野山は美しい桜で有名ですが、吉野は日本という国家の礎を築いた古代の天皇たちの心のよりどころであり、今も日本独自の修験道が息づく地として、世界文化遺産に登録されています。「さらしな」は、その吉野とならぶ日本の美の...

詳細を見る
さらに見る